サロン予約システム比較

サロン予約は店舗運営をする上でなくてはならない存在ですね。

24時間お客様が自由に予約することで、お客様を逃がすことなく集客できます。シンプルな予約システムは結構世の中にあふれているのですがサロンの予約は結構こだわりが多いこともあり、なかなか要望にフィットする予約システムに出会えないという声もお聞きしております。

そこで、今回はサロン予約システムの導入方法のご紹介と比較をしていきます。

サロン予約システムの導入方法

WordPressのプラグインを使う

すでに店舗のサイトをWordPressで構築している場合に選択肢に入る方法 プラグインを導入すれば、WordPress上でサロンの予約受付を実現できます。

新しく別のサービスを契約する必要もなく、自サイトのなかで運用できるのでコストも抑えることができます。 また、プラグインですのでもちろんカスタマイズすることもでき、ご要望に合わせて文言を変えたり機能を改変したりすることも可能です。

サロン予約用のプラグインも世の中たくさんあるのですが、個人的には一択だと思っています。

外部のサービスを使う

予約機能を提供しているサービスは世の中たくさんあります。

例えば、皆さん美容室を予約する際にはhotpepper beautyとか使いますよね。hotpepper beautyも予約システムがありますし決済も可能です。

他にもシンプルなイベント予約機能で時間枠の予約を提供しているサイトなどもあります。 美容院やリラクゼーションの店舗であればhotpepper beautyでも問題ないと思いますが、サイトによってはマッチしないケースもあります。

マッチしないケース1 美容室やリラクゼーションの店舗ではない場合

美容室の予約サイトは大手でも複数サイトがあるのですが、そもそも「美容室」「リラクゼーション」などの業態でなければサイトに掲載させることもできません。

問合せがあったお客様では、例えば「ペットサロン」はもちろんhotpepper beautyには掲載できませんし、同じような予約システムをを提供しているサイトもございません。

マッチしないケース2 費用面

大手予約サイトに掲載する場合は手続きや必要となりますが、一番大きなハードルは「費用」ではないでしょうか。 お客様の予約をWebで受け付けたいだけなのに、色々手続きや設定が必要でなかなか踏ん切りがつかないという方も多いかと思います。

外部のサービスを採用する場合のおすすめサイトは後述致します。

WordPressプラグイン

Salon Booking System

WordPressで予約システムを構築しようと思ったら、私だったらこれ一択 無料プラグインながら一通りの機能が導入されている高機能っぷり 海外製プラグインですが、日本語化もされているため設定などは心配ございません。

wordpress
Salon Booking System導入マニュアル【概要編】

当ブログでもsalon booking systemのカスタマイズを紹介をしています。 少し手を加えれば使いやすくなる部分もありますので、参考にしてみてください。

機能の一覧は下記の通りです、一通り網羅されております。 無料機能の枠内ではカレンダーは1つしか作れませんが、1店舗の予約であれば十分です。

他にも有料拡張機能では、予約前にお客様に自動でリマインドSMSが送信できたりと多くの機能が導入されています。

項目評価
メニュー管理
顧客管理
オプションメニュー追加
スタッフ指名予約
予約枠管理
決済機能△(有料)
スケジュール形式での予約×

一つだけ「×」をつけているのが『スケジュール形式での予約』です。 Salon Booking Systemでの予約画面は以下の通りになり、こちらはカスタマイズでは変更できません。

salon booking systemの予約画面

日本では、日ごとに縦に予約可能枠が並んでいる形式が一般的ですので この予約方法が馴染まない方もいらっしゃるかと思います。

このカレンダー表記が特に問題なければ、salon booking systemの導入も検討に値すると思います。

カレンダーの表記が気にならない方、とにかく安く予約システムを導入したい方は せひともご検討ください。

プラン料金
無料プラグイン0円
有料プラグイン79ユーロ/年

予約システムASP

Stores予約

stores予約

ECカートのASPでCMなどもあり有名な「Stores」ですが、予約システムのサービス提供もしています。 cubicという名称でしたが、Stores予約というサービス名称に変更したようです。

お客様が見る予約画面はこのようになっていました。

よく見るスケジュール形式での画面なので、予約時に操作に迷うことはなさそうですね。 担当者を選択する場合はこの一つ前の画面で選択することになります。

stores予約の予約画面

機能(一部)

一部しか記載しておりませんが、下記のようなことは少なくとも実現できます。予約サービスを導入するにあたってできないことはほとんどなさそうです。

項目評価
メニュー管理
顧客管理
オプションメニュー追加
スタッフ指名予約
予約枠管理
決済機能
スケジュール形式での予約

料金

無料プランもありますが、予約可能件数が少ないのでお試しでのみ利用可能ですね。

プラン料金月間予約数
フリープラン0円100件
ライトプラン12,078円/月200件

プランの詳細やその他のプランは公式サイトからご確認ください。

イベント・セミナー向け予約システム【STORES 予約(ストアーズ 予約)】 STORES 予約

すでにサイトを運営している場合でも、予約機能のみstores予約にリンクして利用することもできますので 導入もしやすいですね。

Airリザーブ

リクルートの運営する予約システムです。

stores予約と比較すると「シンプル」であることを売りにしている印象ですし、機能的にもシンプルです。 Airリザーブの予約画面は「メニュー」「担当者」「時間枠」のみ指定し、少ないステップで予約完了できることが特徴のようです。

airリザーブの予約画面

機能

項目評価
メニュー管理
顧客管理
オプションメニュー追加×
スタッフ指名予約
予約枠管理
決済機能
スケジュール形式での予約

予約枠と担当者の指定はできませんが、メニューに関してはオプションの設定などはできないようです。

メニューに関してのパターンが多くなければ、Airリザーブで十分な場合も多いと思います。

費用

プラン料金
フリー0円
ベーシック5,500円/月
プレミアムお問合せ

フリープランでも月間予約件数などに制限はありませんが、機能に制限があります。

少し使ってみて問題なさそうであれば、有料プランに移行した方が業務上の手間などを削減できそうです。 「予約を取りたいだけ!」という場合はそのままフリーでもよろしいかと思います。

まとめ

今回は予約システムという観点にスコープを当ててご紹介いたしました。

予約システムを検討する際には、予約機能のほかにも「顧客管理」であったり、「クーポン配布」「セキュリティ」など色々と気になってしまいますが、正直使ってみないと分からない部分も多いです。

「まずは使ってみよう」と思った際には、下記の基準を覚えておくとよいです(すごいざっくりですが!)

『できるだけ安く導入したい!』 ⇒ Salon Booking System
『色んな機能にこだわりたい』 ⇒ STORES予約
『シンプルな予約機能をいれたい』 ⇒ Airリザーブ

次の記事

IPA論文添削