【かんたんステップ】WooCommerceプラグイン日本語化

wordpressでECサイトを構築する方法として最も有名なのが「WooCommerce」プラグインです。
ECサイト構築と聞くと難しそうな気がしてしまいますが、WooCommerceはとても簡単にサイト構築することができます。
今回はWooCommerceインストール後に『日本語化できていない!』とお困りになった場合の対応方法説明

WooCommerce日本語化

プラグインの一覧より、WooCommerceをインストールします。
今回のメインではないので、インストール手順は割愛致します。
WooCommerceインストール
インストール後のメニューを表示してみると、下記のようにメニューの表記が英語になっていることがあります。
必ず英語メニューになってしまうかどうかは不明です。
プラグイン自体は海外製ですが、すでに日本語には翻訳済みですので
勝手に判断して日本語表記になってくれればいいのですが、何かの条件が必要なようです。
WooCommerceインストール後のメニュー表示

日本語表記になっておらずお困りであれば、下記参考にしてください。

言語ファイルの取得

WooCommerce言語パックのページから、日本語の言語パックをダウンロードします。

言語パックのダウンロード
数が多いので「japanese」などで検索しましょう。
zipファイルをダウンロードします。

言語ファイルの配置

ダウンロードしたzipファイルを展開すると、下記のような複数のファイルが表示されます。

ファイルの展開後
色々とファイルが展開されますが、必要なファイルは下記の2ファイルです。
  • woocommerce-ja.mo
  • woocommerce-ja.po
このファイルをwordpressのディレクトリに配置します。
\wp-content\languages\plugins

更新

ファイルが配置できたら、wordpressの管理画面を更新してみます。
すると、メニューが日本語表記されているはずです。
日本語化後のWooComerce管理画面メニュー
メニューだけでなく、ほとんどの英語は日本語に翻訳されております。
WooCommerceはほぼ100%翻訳が完了しておりますので
これで日本語化完了となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA