【会員項目カスタマイズ】WooCommerceでWP-Members連携

WP-Membersのバージョン3.3.8(2020年12月リリース)からWooCommerceの会員登録項目のカスタマイズが可能となりました。
このアップデートにより、会員登録時に追加したい項目をWP-Membersを使って追加することができます。
WooCommerceの設定画面ではカスタマイズできない部分を、WP-Membersを導入することにより対応可能です。
WooCommerceの公式ページ
WP-Membersの公式ページ

WP-Membersの最新バージョンは日本語翻訳がされていない部分がありましたが、私も公式サイトにて翻訳のサポートをしております。
そのうち反映されると思いますが、しばらくは英語のままの可能性がありますので
今回は英語の状態のままご説明いたします。

WP-Members3.3.8の更新点

更新点は色々あるのですが、管理画面のメニューに関連した変化点をメインに解説致します。
バージョン3.3.8より、WooCommerceの会員登録項目の連携機能が追加になり
管理画面に下記のメニューが追加になっております。
WP-Membersの管理画面設定
バージョン3.3.8から追加になったWooCommerceの設定
メニューに記載されている通り、wordpressでECサイトを構築する『WooCommerce』プラグインに関連した
設定項目になります。
WooCommerceプラグインをインストールされていない方は特に関係ない設定ですので
気にせず「チェック無し」の状態で問題ございません。

WooCommerce連携(WP-Members会員登録項目追加)

追加された管理画面設定は簡単に言うと

WooCommerceの会員登録画面に、WP-Membersで編集した会員情報項目を追加する

という内容になります。
WooCommerceは、デフォルトの状態では会員登録時にユーザに登録してもらう項目の管理ができませんが
WP-Membersプラグインを導入することにより、会員登録時の入力項目を追加することができます。

WooCommerce My Account

Add WP-Members fields to WooCommerce My Account registration

WooCommerceの「MyAccount」から会員登録する際の登録項目を管理できます。
チェックを入れることにより、WP-Membersの会員管理で設定した項目がWooCommerceのMyAccountページに反映されます。

WooCommerce Checkout

Add WP-Members fields to WooCommerce registration during checkout

WooCommerceの「checkout」から会員登録する際の登録項目を管理できます。
チェックを入れることにより、WP-Membersの会員管理で設定した項目がWooCommerceのcheckoutページに反映されます。

設定方法

WP-Members options

WooCommerceの会員登録機能にWP-Membersの設定を反映させるには
管理画面の設定にチェックを入れるのみです。
WP-Membersの管理画面設定
バージョン3.3.8から追加になったWooCommerceの設定

Filelds

WP-Membersの設定で会員登録時の入力項目を管理します。

例えば、会員登録時に「生年月日」の項目も追加させることとします。
項目追加はWP-MembersのFileldsから設定します。

設定完了後、WooCommerceのMyAccount画面を確認します。

設定追加前
設定追加後

このように、WooCommerceの会員登録項目もカスタマイズすることができるようになしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA