【2021最新】WordPressイベントカレンダープラグイン3選

WordPressでイベント告知をしたり、カレンダーを表示しようと思っても
自作でカレンダー表示やイベント管理の仕組みを構築するのはかなり難易度が高いです。
そこで、WordPressの中でも評価の高いプラグインを厳選し
それぞれの特徴や評価を行っていきます。

厳選プラグイン3選

wordpressの公式プラグインで「event」と検索すると、なんと4,142件もヒットしますが
今回はその中でもダウンロード数などで上位となる3つのイベントカレンダープラグインをご紹介いたします。
  • The Events Calendar
  • Event Organiser
  • Modern Events Calendar Lite

The Events Calendar

The Events Calendarロゴ

Event Organiser

Event Organiserロゴ

Modern Events Calendar Lite

Modern Events Calendar Liteロゴ

機能比較

まずは3つのプラグインの機能を比較します。

The Events CalendarEvent OrganiserModern Events Calendar Lite
コメント定番プラグイン
迷ったらこれを導入すれば
まず問題ないです。
シンプルに使うので
あればこちら
機能は少ないですが、要件に合えば十分
色々カスタマイズしたい方
アドオンも多く高機能
日本語化されていないことが難点
カレンダー表示リスト

リストリスト

日本語化×
カテゴリの色分け××
タグ設定
会場設定
ウィジェット
無料:リスト表示のみ
ショートコード〇(有料)
カスタムフィールド〇(有料)×
アドオン普通少ない多い

カレンダー画面比較

The Events Calendar

The Events Calendarイベントカレンダー
The Events Calendarではすでに整形済みのレイアウトが利用できますので、調整等することなく
きれいなカレンダーを表示することができます。
カレンダーの表記としては「リスト」「月ごと」「日ごと」でイベント一覧が表示できます。
複数日付のイベントについてもきれいに表示されるので、個人的にはこのプラグインが気に入っています。
The Events Calendarイベント詳細
イベント詳細画面はこのような形です。wordoressテーマのレイアウト通りに表示できるので
サイトの雰囲気から逸脱するようなことはありません。
無料版ではショートコードを利用することができませんので、ページ内で自由にカレンダーを表示する対応はできません。
ただ、TOPページにイベントカレンダーを設定することはできますので
工夫次第でイメージ通りのサイト構成にすることは可能です。
The Events Calendarアドオン
最後にアドオンプラグインのご紹介です。
The Events Calendar拡張版の有料プラグインやイベントチケット用プラグインなど様々なアドオンが用意されています。
これらを利用していくことで、より多くのサイト作成が実現できます。
サイトの用途に合わせて利用していきましょう。

Event Organiser

Event Organiserイベントカレンダー
ショートコードでカレンダーを貼り付けられるので、サイト上で自由に記載箇所を設定できます。
デフォルトのデザインがあまりイケていませんが、CSSをカスタマイズすることはできるので
調整可能です。
イベントをカテゴリに分けて色分けできる点はポイント高いです。

Event Organiser日本語化ファイル

Event Organiserアドオン
こちらはEvent Organiserのアドオン一覧になります。
アドオンの説明が英語になっており、わかりづらいかもしれませんが
気になるアドオンあればgoogle翻訳駆使して確認していきましょう。

Modern Events Calendar Lite

Modern Events Calendar Liteイベントカレンダー1
Modern Events Calendar Liteイベントカレンダー2
日本語化されていないため、紹介サイトも少ないのですが
カスタマイズによる拡張性・アドオンの数も多くかなり使いやすいプラグインとなっています。
設定画面も独自仕様となっており、日本語化はされておりませんが
直感的に操作できるようなプラグインです。

Modern Events Calendar Liteアドオン
こちらはアドオン一覧です。数が多いので画像サイズが小さくなってしまいましたが
かなり多くのアドオンが用意されています。

課題の日本語化ですが
翻訳率は低いですが、日本語化ファイルのURLも記載いたします。
今後有志により日本語化が少しづつ進んでいくものと思われます。

Modern Events Calendar Lite日本語化ファイル

まとめ

個人的な感想としては

迷ったら⇒The Events Calendar

シンプルに使い始めたいなら⇒Event Organiser

英語を駆使しながら様々なカスタマイズをしていきたいなら⇒Modern Events Calendar Lite

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA